FC2ブログ

甲州街道

花咲きの宿にある一里塚
IMG_79420.jpg

IMG_79430.jpg
スポンサーサイト



旧東海道

箱根8里は馬でも越すが
    越すに越せない大井川
IMG_68130.jpg

大井川と富士
IMG_68140.jpg

東海道 金谷の峠

旧東海道の石畳が残る、金谷峠
IMG_68090.jpg

京に向かって急な上り坂
IMG_68100.jpg

IMG_68110.jpg

IMG_68120.jpg

案内図

無人駅の案内図
IMG_6486全体図

旧甲州街道を歩く
IMG_6480マップ

IMG_6484マップ

駅から 歩いて

付近を散策
IMG_6480マップ

IMG_6481マップ

IMG_6477ケヤキ

駅から

マップに載っている主なところを散策
IMG_6480マップ

IMG_6485マップ


IMG_6471駅

無人駅

無人の駅にある立派な案内図
IMG_6486全体図

IMG_6480マップ

すずらんのさと駅

中央本線
IMG_6471駅

駅の案内図
IMG_6486全体図

一里塚

一里塚は、旅行者の目印として大きな街道の側に1里毎に設置した塚
塚の側に榎などの木を植えたり標識を立てた一里塚が全国的に整備
されるようになったのは江戸時代である

長野県富士見町の一里塚
IMG_6475一里塚


IMG_6477ケヤキ

IMG_6476一里塚碑

IMG_6478榎

旧甲州街道

長野県富士見町に江戸時代旧甲州街道
IMG_6474街道

当時の面影を残す一里塚
IMG_6475一里塚

富士見町

甲州から信州へ入って最初の宿場 旧甲州街道 往時の面影を残す
IMG_6474街道

道祖神

富士見町 すずらんの里
IMG_6471駅

道祖神
IMG_6473道祖神

東海道関宿

関宿
IMG_54260.jpg

IMG_54250.jpg

浮世絵にも描かれている
IMG_54270.jpg

旧箱根街道

旧箱根街道の石畳
IMG_05250.jpg

文楽

甲州街道の旧宿場町に伝わる人形芝居
E71569A5-4222-42FB-BCF7-7C72A06A8C65.jpeg

長浜の豊国神社

秀吉を祀る豊国神社
IMG00978豊国

同じ境内には稲荷さん
IMG_000977.jpg

長浜

明治の擬洋風建物
IMG_0976擬似洋風

IMG_0975擬似「

道標

長浜城下の道標 歴史を歴史を感じる
IMG_0974道標00

IMG_0980道標000

長浜城下

江戸時代からの住宅
IMG_0970安藤

IMG_0971住宅

長浜城下

長浜城下にある寺
IMG_0969 寺

長浜

ウダツのある街並み
IMG_0967ウダツ

IMG_0968うだつ

黒壁の街

長浜の城下
IMG_0966長浜

奥の細道

結びの地 大垣
IMG_0961結び
 
水門川と整備された住吉灯台
IMG_0965.jpg

住吉灯台
IMG_0964.jpg

大垣

奥の細道結びの地 大垣 市内に残る道標
IMG_0946道標

松本

街道の道しるべ
IMG_00546.jpg

せん光寺
IMG_00548.jpg

野麦街道
IMG_00547.jpg

日本橋から品川まで

今回の旅は日本橋から品川まで
IMG_9562.jpg

IMG_9482.jpg

品川宿

品川宿本陣跡 今は公園になっていて 
IMG_9465.jpg

公園に江戸時代の浮世絵が展示されている
IMG_9466.jpg

旧東海道品川宿

山手線なら15分 歩いて5時間
IMG_9464.jpg

品川宿

本陣跡
IMG_9463.jpg

品川宿

江戸より2里
IMG_9462.jpg

品川宿

旧東海道を日本橋から品川へ 10キロの道のり 5時間の旅
IMG_9459.jpg

品川界隈はかつては海 海に向かって下りになっている

2里の行程

日本橋から品川宿まで わずか2里
IMG_9482.jpg

2刻もかかって走破ならぬ歩破
IMG_9461.jpg

御隠居、ちょっと待って どこからか八兵衛の声が聞こえてきた

品川宿

旧東海道 品川宿
IMG_9458.jpg

整備された旧宿場町
IMG_9460.jpg

八ッ山橋

品川宿は目の前
IMG_9456.jpg

IMG_9457.jpg

品川駅前

かつては海 護岸を守る石垣 品川駅近くに復元設置
IMG_9455.jpg
 
もう少しで品川宿

高輪大木戸跡

品川まであと少し
IMG_9453.jpg

かつての木戸門 
IMG_9450.jpg

夜間は防犯上、門が閉められた
IMG_9451.jpg

IMG_9449.jpg

IMG_9452.jpg

品川へ向けて

2里の道のり
IMG_9442.jpg

途中の名所で立ち止まりながら のんびりと
IMG_9443.jpg

日本で一番地価が高い場所 鳩居堂まえ
IMG_9444.jpg

品川まで

日本橋から品川までは2里 昔の旅人は足が達者だった
IMG_9441.jpg

息を切りながら銀座を過ぎる

旧東海道

現在の国道15号線 沿線には様々な旧跡が
IMG_9440.jpg

東海道の旅

日本橋から品川に向けて

八重洲 オランダ人ヤン・ヨーステンが屋敷をもらったことがその名の由来
IMG_9439.jpg

出立

日本橋から品川へ向けて 旅の始まり
IMG_9438.jpg

IMG_9481.jpg

IMG_9437.jpg

IMG_9436.jpg

すべての道はここから

日本橋 
IMG_9428.jpg

道路元標
IMG_9429.jpg

実際の道路上にある
IMG_9434.jpg

京都を目指して、いざ出立
IMG_9433.jpg

日本橋

現在の日本橋
IMG_9421.jpg

IMG_9425.jpg

東海道

江戸から諸国への玄関 日本橋
3e776ec0764754d8b5cef4ec8a7932ee.png


浮世絵にも描かれている
IMG_9419.jpg

現在の日本橋
IMG_9420.jpg

上を高速道路
IMG_9422.jpg

京都へ向けて いざ
IMG_9423.jpg

IMG_9426.jpg

広重が描いた場所から
IMG_9427.jpg

3e776ec0764754d8b5cef4ec8a7932ee.png

復活

永谷園 東海道53次カード
IMG_9266.jpg

今度こそ55枚コンプリート

市川大門

古くから和紙の町として栄えた町
IMG_7204.jpg

旧二葉屋酒造の酒蔵
IMG_7207.jpg

能楽を鑑賞
IMG_7211.jpg

古い町並み

旧市川大門町
IMG_7205.jpg
二葉屋酒造
IMG_7207.jpg
酒蔵で能が開催される
IMG_7210.jpg
古い町並みが残る街
IMG_7212.jpg

中仙道

中仙道
IMG_6304.jpg
江戸・中間地点
IMG_6306.jpg

IMG_6307.jpg
木曽の風景
IMG_6305.jpg

高遠

高遠城下の街道
IMG_6300.jpg
歴史を感じさせる
IMG_6301.jpg
見事な玄関
IMG_6302.jpg
唐破風屋根の玄関
IMG_6303.jpg

亀山宿

広重も浮世絵に描いた東海道亀山宿
IMG_4987.jpg
フリーエリア
プロフィール

noboseri24

Author:noboseri24
芹沢 昇(せりざわのぼる)

城めぐりブロガー

1962年12月17日生れ O型
博物館学芸員
社会福祉士 介護福祉士
介護支援専門員
調理師 
剣道初段 英検3級

成年後見制度 市民後見人

好きなチーム 巨人 ヴェルディ
         ヤンキース
好きな選手 松井 カズ 高橋由伸

日本城郭検定準1級

江戸文化歴史検定3級

日本100名城スタンプラリー
平成22年4月18日  開始
平成27年11月24日 制覇
平成27年12月2日  認定
       第895番目  

趣味 日本100名城スタンプラリー
城めぐり 古墳めぐり 蝶の観察
読書 司馬遼太郎 吉川英治 山岡荘八

関連ブログ
 ぶどう農園の日記  (農園ブログ)
 預かり犬日記       (犬ブログ)
 小判鮫の独り言    (弟のブログ)

剣は心なり
  心正しからざる者
        剣また正しからず

 小学生のころより歴史に興味を持ちはじめ現在に至っています。また実家はブドウ栽培で有名な山梨県勝沼町で、周囲は自然に囲まれています。今まで撮影した画像の保存と集めた資料をまとめる目的でブログを始めました。城や前方後円墳などの歴史から自然のことブドウ栽培などの記事を思いつくまま更新しています。


山梨県指定史跡 甲斐府中城

甲府城・・・

 武田家滅亡後、甲斐の国は、信長が支配する。その信長も3か月後に本能寺で自害。そして徳川家康が治めることになる。小田原攻めの後豊臣秀吉が甲斐を支配。その頃に築城されたのが、甲府城である。その当時は金箔瓦が燦然と輝く5層の大天守がそびえていた。そして江戸期になり今度は幕府直轄地となり、天守は破却されたが、天守の代用として御三櫓階が造られている。その後交通の要衝を抑える要の城として将軍の弟が城主をめ、明治を迎える。


甲斐銚子塚古墳

 甲斐銚子塚古墳は日本で53番目の全長169メートル、東日本では3番目の大きさである。その形は前方後円墳と呼ばれる日本独特の形である。後円部に竪穴式石室が設けられていて、当時この地方を支配していた国から派遣された国司が葬られている。



(姉妹ブログ)
小判鮫の独り言
http://cook77.blog.fc2.com/
働くお父さんの独り言!
自転車で走り畑や花の話題
猫に料理とその他

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも一覧

小判鮫の独り言!

預かり犬日記 芹沢 昇の愛犬記録 

ぶどう農園の日記 芹沢農園だより

ももおにぎり

残された石垣を見つけたい

なんとなく50歳

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

美雨の部屋へようこそ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる