FC2ブログ

井伊直弼

後の大老井伊直弼が部屋住み時代を過ごした場所
IMG_001009.jpg
スポンサーサイト



石落とし

石落とし
 天守や櫓などの壁面に張り出す空間をせり出させ、床を20センチメートルほど開けて
付設された。普段は蓋をして、使用時に蓋を取り除いて開ける。石落としは建物・城壁・
石垣などの真下方向にいる敵を標的にしている。


甲府城の石落とし
IMG_5401.jpg

IMG_5402.jpg

IMG_5403.jpg

算木積み

算木積み(さんぎづみ)
 石垣の出角部分(隅石)の積み方。関が原以降に全国城郭の石垣に発達する。
長方体の石の長辺と短辺を交互に重ね合わせることで強度を増す。


甲府城の算木積み
IMG_5399.jpg

IMG_5400.jpg

高麗門

高麗門は、鏡柱と控柱を一つの大きな屋根に収める構造の
薬医門を簡略化したもの。屋根を小ぶりにして守備側の死角を
減らす工夫が施された。



甲府城の高麗門(内松陰門)
IMG_5404.jpg
控柱
IMG_5407.jpg

櫓門

櫓門(やぐらもん)一般的に長屋状の建物が石垣の上に渡されるように建てられる
2階建てで楼門のようにして建てられたものを見ることができる


甲府城の櫓門(鉄門)
IMG_5409.jpg

げぎょ

懸魚(げぎょ)は、破風板の下に装飾を目的として付けられる彫刻を施した板のこと。
破風板の合掌(頂点に当たる部分)に拝懸魚(おがみげぎょ)
桁の突出する場所に降懸魚(くだりげぎょ)
懸魚の両端に鰭(ひれ)と呼ばれる彫刻をつける。

蕪懸魚(かぶらげぎょ)
 蕪(かぶ)のような形状

三ツ花懸魚(みつばなげぎょ)
 三ツ花型に組み合わせる

梅鉢懸魚(うめばちげぎょ)
 六角形の辺が反って尖ったような形

甲府城の懸魚
蕪懸魚
IMG_5394.jpg

梅鉢懸魚
IMG_5405.jpg

さま

狭間(さま)は、城の壁、塀などに開けてある防御用の穴や窓のこと。
銃眼ともいう。内側から外側に向かって円・三角・長方形などの穴が
内側が狭く、外に向けて広く開けられており、戦闘の際はそこから
弓矢や鉄砲などで攻撃。

弓矢ならば縦長の長方形、鉄砲ならば円・三角。武器に適した形に
開けている。

甲府城の狭間
IMG_5392.jpg

IMG_5393.jpg

門について

城の門 城郭の門で虎口に建てられている。御殿や天守の次に格式の高い建物
  大手門  城郭の表口とされる虎口に建てられた門 追手門ともいう
  搦手門  城郭の裏口に当たる搦手口に設けられた門


門の種類
 櫓門   2階建てで2階が櫓になっている 
 薬医門   平屋建てで鏡柱から控え柱までを取り込む屋根を持っている
 冠木門  門柱に貫をかけたもの
 高麗門   切妻屋根を持ち控柱に小屋根を設けたもの
 長屋門  長屋の中間部の門
 埋門    石垣などの下部をくり抜いたようにして造られている
 四脚門  門柱のほかに控柱を4本立てたもの



甲府城の門
IMG_4771.jpg

城について

 城は、古代から江戸まで、摘の攻撃から防御するための建物
   山城   中世にきずかれた山頂に館を持つ城
  平山城  山頂と山麓に付属する館を持つ城
  平城   近世にきずかれた平地に館を持つ城

  城を構成する建造物
   堀 塀 櫓 天守 御殿 

  曲輪 
   塀や堀によって区分けされた区域 近世では本丸二の丸三の丸と呼ぶこともある


甲府城
IMG_4907.jpg

堀について

 堀は、敵の侵入を防ぐため、城などの周囲に掘られた溝のこと
  水堀 水が張られている堀 
  空堀 水の張られていない堀のこと
  河川を利用した天然の堀

  外堀 城の外側
  内堀 内側の堀
  中堀 外堀と中堀の中間の堀
  惣堀 城下町を防護する総構えの堀

  近世の平城は水堀が多い
  中世の城は空堀が多い
  山城は空堀が多い

  山城の堀
   堀切 尾根を仕切るように作られた堀
   竪堀 斜面に縦に造られた堀
  
   障子堀 堀底を仕切るような土塁状の障害がある堀 





甲府城の堀
IMG_4912.jpg

石垣について

近世城郭における石垣の起源 
 観音寺城(滋賀県)で最初に築かれたものが築かれた
 穴太衆と呼ばれる石工集団各地で活躍である
 東日本は石垣を持つ城は少ない(小田原城、甲府城、江戸城)

 石垣の積み方
  野面積み  自然石をそのまま積み上げる
  打込み接ぎ 加工した石の接合面の隙間を減らして積み上げる
  切込み接ぎ 整形した石材を密着させ、積み上げる

  布積み    整形した石を目が横に通るように積み上げる
  乱積み    加工した石をさまざまな方向に積み上げる

  算木積み  石垣の隅石を長辺と短辺を交互に重ね合わせて積み上げる


甲府城の石垣
IMG_4906.jpg

櫓について

櫓とは
 物見のための建物
 武器庫のための建物
 敵の攻撃に備えて石落や鉄砲を撃つための狭間がつけられている


櫓の種類
 平櫓(平屋の櫓)
 多門櫓(長屋で平屋)
 重箱櫓(一階と2階の床面積が同じ櫓)
 三重櫓(外観も3階建ての櫓)
 渡櫓(天守と櫓・櫓と櫓をつなぐ櫓)
 二重櫓(外観が2階建ての櫓)

 太鼓櫓(時を知らせるための太鼓が置かれた櫓) 
 月見櫓(月見のための櫓)
 富士見櫓(富士山を眺めるための櫓)
 井戸櫓(内部に井戸を持つ櫓)
 着見櫓(到着などを確認するための櫓)
 潮見櫓(海の様子を観察するための櫓)
 天守代用櫓(御三階櫓と称して事実上の天守 弘前城・丸亀城・新発田城・白河小峰城・水戸城など)

隅櫓(曲輪の隅に配される櫓)
方角をあらわす櫓
 辰巳櫓・丑寅櫓・乾櫓・未申櫓


甲府城稲荷櫓
IMG_4907.jpg





天守について

現存する天守は12棟
 弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、姫路城、彦根城
 備中松山城、松江城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城

天守の機能
 城内を見渡せる
 城外を見晴らせる
 遠方を見望できる
 城の象徴

天守の存在
 天守はあったが、消失等で以降再建しなかった城(江戸城、大坂城、金沢城、福井城、佐賀城など)
 天守台までは築いたが、建てなかった城(津城、明石城、赤穂城など)
 三重櫓を天守の代用としていた城(米沢城、山形城、水戸城など)
 天守がもともとない城(鹿児島城、人吉城など)

天守の形式
 独立式天守
  天守が単独で建っている(大坂城、丸岡城、宇和島城)
 複合式天守
  天守に付櫓を直接接続する(彦根城、松江城、岡山城、萩城など)
 連結式天守
  天守から渡り廊下や多聞櫓で小天守や櫓に接続する(名古屋城、熊本城、八代城、福知山城など)
 連立式天守
  複数の小天守や櫓と天守を渡櫓などで環状につなげたもの(姫路城、松山城、高取城、和歌山城など)
 
 望楼型と層塔型
  望楼型は、入母屋造りの櫓上に小型の望楼を載せた形式
  層塔型は上に行くにつれて平面規模が逓減する形式

天守の復元
 復元天守
  木造復元天守
   天守が現存した当時の図面・文書記録・遺構などに基づき、忠実に復元(白河小峰城、大洲城など)
  外観復元天守
   昭和20年戦災で消失した天守を戦後写真を元に外観のみ復元(名古屋城、岡山城、広島城など)
 復興天守
   かつて存在したことは確かで、元の場所に再建(岩国城、小倉城など)
  模擬天守
   城は実在したが、天守のなかった城や天守の存在が不明な城に建てられた天守(岐阜城、郡上八幡城など)
  その他
   天守台は実在したが、天守が建てられなかった城(伊賀上野城、富山城など)
   天守は実在したが、異なる場所に再建されたもの(伏見城、清洲城など)


甲府城天守台
IMG_4897.jpg


フリーエリア
プロフィール

noboseri24

Author:noboseri24
芹沢 昇(せりざわのぼる)

城めぐりブロガー

1962年12月17日生れ O型
博物館学芸員
社会福祉士 介護福祉士
介護支援専門員
調理師 
剣道初段 英検3級

成年後見制度 市民後見人

好きなチーム 巨人 ヴェルディ
         ヤンキース
好きな選手 松井 カズ 高橋由伸

日本城郭検定準1級

江戸文化歴史検定3級

日本100名城スタンプラリー
平成22年4月18日  開始
平成27年11月24日 制覇
平成27年12月2日  認定
       第895番目  

趣味 日本100名城スタンプラリー
城めぐり 古墳めぐり 蝶の観察
読書 司馬遼太郎 吉川英治 山岡荘八

関連ブログ
 ぶどう農園の日記  (農園ブログ)
 預かり犬日記       (犬ブログ)
 小判鮫の独り言    (弟のブログ)

剣は心なり
  心正しからざる者
        剣また正しからず

 小学生のころより歴史に興味を持ちはじめ現在に至っています。また実家はブドウ栽培で有名な山梨県勝沼町で、周囲は自然に囲まれています。今まで撮影した画像の保存と集めた資料をまとめる目的でブログを始めました。城や前方後円墳などの歴史から自然のことブドウ栽培などの記事を思いつくまま更新しています。


山梨県指定史跡 甲斐府中城

甲府城・・・

 武田家滅亡後、甲斐の国は、信長が支配する。その信長も3か月後に本能寺で自害。そして徳川家康が治めることになる。小田原攻めの後豊臣秀吉が甲斐を支配。その頃に築城されたのが、甲府城である。その当時は金箔瓦が燦然と輝く5層の大天守がそびえていた。そして江戸期になり今度は幕府直轄地となり、天守は破却されたが、天守の代用として御三櫓階が造られている。その後交通の要衝を抑える要の城として将軍の弟が城主をめ、明治を迎える。


甲斐銚子塚古墳

 甲斐銚子塚古墳は日本で53番目の全長169メートル、東日本では3番目の大きさである。その形は前方後円墳と呼ばれる日本独特の形である。後円部に竪穴式石室が設けられていて、当時この地方を支配していた国から派遣された国司が葬られている。



(姉妹ブログ)
小判鮫の独り言
http://cook77.blog.fc2.com/
働くお父さんの独り言!
自転車で走り畑や花の話題
猫に料理とその他

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブロとも一覧

小判鮫の独り言!

預かり犬日記 芹沢 昇の愛犬記録 

ぶどう農園の日記 芹沢農園だより

ももおにぎり

残された石垣を見つけたい

なんとなく50歳

美雨の部屋へようこそ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる