FC2ブログ

甲府城遠望

甲府城の隣りにあるビルの7階からの眺め
画像 188

甲府城天守台
画像 189
スポンサーサイト



ヤマナシ

甲府城内に植えられているヤマナシ
画像 179

画像 178

実がなっている
画像 177

ガイド

甲府城のガイド控え室
画像 176

100名城スタンプ

鍛冶曲輪の恩賜林記念館にも100名城スタンプはある
画像 174

スタンプ設置場所
画像 175

復元された門

甲府城鍛冶曲輪門
画像 173

日本100名城スタンプはこの門を入った
恩賜林記念館にもある

富士山登山列車

かつて中央本線の花形だった165系パノラマアルプス
今は富士山特急として親しまれている
画像 172

岡山を走る

ディーゼルエンジンで走るキハ40
画像 171

山陰を走る

115系 山陰でも活躍している
画像 170

氏神様

我が家の氏神様の山門に飾られている像

画像 123

画像 124

一体は盗難にあったまま行方が分からない
今は別の人が掘った像が飾られている

画像 125

この像は府中の大国魂神社にも飾られていた

山門
画像 122

随神門ともいう
随身(ずいじん、ずいしん)とは、平安時代以降、貴族の外出時に警護のために
随従した近衛府の官人のことである。また、日本の神道において、神を守る者として
安置される随身姿の像のことも「随身」といい、この場合は随神とも書かれる。
なお、神社の門のうち、門の左右に随身(随神)を安置した門のことを「随身門」
と呼ぶことがある。

夜咲く

サボテンは夜花が咲く 日が昇るとしぼんでしまう
画像 126

縄文の女神

女神のモデル
画像 064

縄文の女神
廣瀬

お盆

7月のお盆のころ デラウエアが色づき始める
画像 116

お盆

当地勝沼は7月にお盆がやってくる

13日の夕方迎え火
画像 115

画像 119

仏壇にはキュウリの馬とナスの牛
画像 120

画像 121

多摩御陵

多摩御陵
大正天皇 昭和天皇の古墳
画像 066

木陰で見つけたあり地獄(ウスバカゲロウの幼虫)
画像 067

カエデ 種が落ちて新芽が出る
画像 068

画像 069

武蔵の国 国府

武蔵の国の国府(国の出先施設)
画像 065

武蔵国の鎮守

大国魂神社 武蔵国の鎮守
画像 061

5月には神輿が出て盛大な祭礼が行なわれる
画像 062

武蔵国 府中

府中とは国の中心を示す

府中市郷土の森博物館 民家園
移築された建物郡
画像 057

画像 058

水車小屋
画像 059

まいまいず井戸
画像 060

岡山城

空襲で石も焼けた
画像 046

画像 047

岡山

戦災を免れた現存する月見櫓
画像 043

西の丸西手櫓
画像 045

月見櫓の脇にある銃眼 鉄砲を撃つための穴
画像 040

岡山

地下排水のための暗渠(あんきょ)
画像 036

画像 037

岡山

岡山城の築城当時の石垣 今は地中の埋まっている
画像 039

ここでも見つけた石を割った痕
画像 038

岡山城

岡山城 天守は昭和20年の空襲で消失
画像 042

天守の礎石を別の場所に移して展示している
画像 041

岡山

岡山市内を走る市電
画像 034

丸亀城

内堀
画像 029

画像 030


石垣内部に溜まった雨水を排水させるための設備

画像 031

画像 032

丸亀城

丸亀城現存天守
画像 025
 
1階部分は板張り
画像 026

石落とし
画像 027

丸亀城

丸亀城三の丸より臨む丸亀市内と讃岐富士
画像 024

丸亀城

天守は日本一小さいが石垣は現存天守のうち随一の石垣
画像 023

画像 028

丸亀城

現存する大手門 大手門から望む天守
画像 021

丸亀城

石垣の石を割った痕
画像 022

丸亀城

現存する天守は全国に12 そのうちの一つ
全国で一番小さい天守

画像 020

丸亀城

JR丸亀駅より見た丸亀城
画像 019

1234.5キロ

バイクのメーターが1234.5キロ 何か嬉しい
110709_0810~01

高松城

明治まで現存していた天守
その写真 現在天守台を修理していた

画像 010

画像 011

高松城

ここにもあった 石を切った痕
画像 008

画像 009

高松城

現存する三重櫓 月見櫓
画像 013

移築された三重櫓
画像 012

高松城

水戸光圀の兄が初代藩主、明治まで松平家の居城
画像 014

画像 007

画像 006

115系

四国にも115系が走っていた
画像 033

四国初上陸

香川県で見つけた列車
画像 017

画像 018

香川県

讃岐富士
画像 015

画像 016

夏の富士

夏の富士
画像 30087

画像 30086

コンテナ

コンテナを牽引するEF64
画像 30084

画像 30085

甲斐府中

山梨は奈良時代甲斐の国と呼ばれた
甲斐の国の中心を甲斐府中と呼ぶ
甲斐の府中(甲府) 江戸時代には
甲斐の国を甲州と通称する

明治になると最初に甲府県 そして山梨県に

現在山梨県には甲府市 甲斐市 甲州市 山梨市がある
どの名前もみんな同じ場所を表す言葉だった・・・

甲州街道

甲州街道の道しるべ 右に行けば信濃 左に行けば駿河
画像 30012

かつての甲府城

往時の甲府城南西の際
画像 30011

かふふ

甲府がかふふと表記された頃の駅の名残
画像 30003

画像 30002

かつての甲府城

往時の三分の一になってしまった甲府城
現在の北西の隅に位置する石垣
画像 30008

画像 30010

画像 30009

20メートル

20メートルで学ぶ甲府城の歴史
石垣脇の工事用の囲いには甲府城紙芝居が
掲げられている
画像 30006

画像 30007

かわら版

復元現場 かわら版の情報コーナー
画像 30004

梅雨晴れの甲府

連日の猛暑 甲府城ももえるような暑さ
しかし天守台の上は心地よい風が・・・
画像 30005

足軽芹兵衛

芹兵衛が崇拝するのがこちら縄文の女神さま
芹兵衛が甲府城に出没する時は常に女神像を
ふところに入れているとか・・・
廣瀬
フリーエリア
ランキング参加しています にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 お願いします
プロフィール

noboseri24

Author:noboseri24
城めぐりブロガー


拓殖大学外国語学部 卒業
佛教大学通信教育学部 終了
日本福祉教育専門学校 卒業
放送大学教養学部 考古学履修

博物館学芸員
社会福祉士 介護福祉士
介護支援専門員
調理師 
剣道初段 英検3級

日本城検定 初級
日本城郭検定 準1級
江戸文化歴史検定 3級
考古検定 中級

シルクロード検定 受験
紅茶検定 受験
お好み焼き検定 受験

成年後見制度 市民後見人

好きなチーム 巨人 ヴェルディ
ヤンキース

好きな選手 松井 カズ 高橋由伸

日本100名城スタンプラリー
平成22年4月18日  開始
平成27年11月24日 制覇
平成27年12月2日  認定
       第895番目  

趣味 日本100名城スタンプラリー
城めぐり 古墳めぐり 蝶の観察

読書 司馬遼太郎 吉川英治 山岡荘八

関連ブログ
 ぶどう農園の日記 (農園ブログ)
 預かり犬日記   (犬ブログ)
 小判鮫の独り言  (弟のブログ)

剣は心なり
  心正しからざる者
        剣また正しからず

小学生のころより歴史に興味を持ちはじめ現在に至っています。また実家はブドウ栽培で有名な山梨県勝沼町で周囲は自然に囲まれています。今まで撮影した画像の保存と集めた資料をまとめる目的でブログを始めました。城や前方後円墳などの歴史から自然のことブドウ栽培などの記事を思いつくまま更新しています。


国指定史跡 甲斐府中城 甲府城

武田家滅亡後、甲斐の国は、信長が支配する。その信長も3か月後に本能寺で自害。そして徳川家康が治めることになる。小田原攻めの後豊臣秀吉が甲斐を支配。その頃に築城されたのが、甲府城である。その当時は金箔瓦が燦然と輝く5層の大天守がそびえていた。そして江戸期になり今度は幕府直轄地となり、天守は破却されたが、天守の代用として御三櫓階が造られている。その後も交通の要衝を抑える要の城として将軍の弟が城主をめ、明治を迎える。


甲斐銚子塚古墳

甲斐銚子塚古墳は日本で53番目の全長169メートル、東日本では3番目の大きさである。その形は前方後円墳と呼ばれる日本独特の形である。後円部に竪穴式石室が設けられていて、当時この地方を支配していた国司が葬られている。



(姉妹ブログ)
小判鮫の独り言
http://cook77.blog.fc2.com/
働くお父さんの独り言!
自転車で走り畑や花の話題
猫に料理とその他

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブロとも一覧

小判鮫の独り言!

預かり犬日記 芹沢 昇の愛犬記録 

ぶどう農園の日記 芹沢農園だより

ももおにぎり

残された石垣を見つけたい

なんとなく50歳

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

美雨の部屋へようこそ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる