FC2ブログ

夏の終わりに

行く夏や 雲も手を振る 青い空
DSCF3832.jpg
スポンサーサイト



三つ峠

三つ峠と稲田
DSCF3801.jpg

DSCF3802.jpg

左にそびえるのは屏風岩
DSCF3797.jpg

収穫間近

収穫間近 豊作であってほしい

三つ峠と稲田
DSCF3801.jpg

DSCF3803.jpg

DSCF3804.jpg

実るほど 頭をたれる 稲穂かな
DSCF3805.jpg

DSCF3808.jpg

この季節

実るほど 
  頭をたれる 稲穂かな

人間はこうあるべき
我もこうありたい

DSCF3803.jpg

DSCF3805.jpg

夏の富士

澄みわたる
  大きな空に 富士高し
DSCF3798.jpg

俳句の日

8月19日は俳句の日

 澄み渡る
   青き大空 富士似あふ

DSCF3798.jpg

篠山

篠山城 徳川家康が西国大名に命じて造らせた城
DSCF3464.jpg

DSCF3465.jpg

丹波篠山

歴史の街篠山 丹波の黒豆の産地でもあり城下町の風情を残す町
DSCF3483.jpg

DSCF3461.jpg

DSCF3459.jpg

今年も

今年も咲いた夏の花 フヨウ
DSCF3788.jpg

勝山城

文禄3年(1594年)甲府城が浅野長政によって完成されると浅野氏家老の
浅野氏重が入り、勝山城の築城したと『甲斐国志』にはあるしている。

DSCF3670.jpg

DSCF3671.jpg

DSCF3667.jpg

DSCF3656.jpg

勝山城

江戸城で将軍が御用する茶が京都宇治からもたらされる
御茶壷道中と呼ばれる行事が存在。茶は茶壷に茶詰され、
往路は東海道、帰路は中山道・甲州街道を経て江戸城に
もたらされ、越夏のため谷村において勝山城の茶壷蔵に
保管されていたという伝えがある。
DSCF3670.jpg

DSCF3671.jpg

DSCF3673.jpg

DSCF3666.jpg

DSCF3665.jpg

勝山城

勝山城 山頂の本丸
DSCF3670.jpg

DSCF3667.jpg

勝山城

谷村藩庁である谷村城の属城で、絵図に拠れば桂川にかかる二本の内橋によって連結されていた
地元では城山と呼ぶ
DSCF3657.jpg

DSCF3656.jpg

谷村城跡から見た勝山城

秋元 喬知

秋元 喬知 谷村藩主の時 水害に悩む河口湖から水不足で苦しむ
新倉村まで手堀りの隋道を掘削 完成を見ることなく川越に移封

谷村城

甲斐都留軍の谷村城 江戸時代秋元家1万8千石の城下
DSCF3646.jpg

DSCF3647.jpg

DSCF3648.jpg

宝永元年(1704年)には秋元喬知が川越藩に移封されると城は廃城となり、
郡内領は代官支配となり谷村は町場へ移行する。
DSCF3645.jpg

明石

明石城 現存三重櫓 伏見城より移築された
DSCF3457.jpg

明石城

明石城 現存する三重櫓 未申櫓
DSCF3456.jpg

川柳

蝉しぐれ
   空青々と 盛夏かな
DSCF3633.jpg

明石

明石城 現存する2棟の三重櫓
DSCF3458.jpg

明石

明石城 辰巳櫓
DSCF3455.jpg

明石

明石城 未申櫓 伏見城から移築したと伝わる
DSCF3454.jpg

車窓より

明石城 三重櫓が2棟現存 これだけ立派な櫓があれば天守は不要
天守台はあるが天守は建てられなかった
DSCF3453.jpg

猛暑

残暑お見舞い申し上げます
DSCF3714.jpg

大月市初狩町

作家山本周五郎はここで生まれる
DSCF3713.jpg

8月

8月に思うこと 

戦争を2度と繰り返さないこと
戦争の恐ろしさを先人から聞き
戦争の恐ろしさを後世に伝える
2度と悲劇を繰り返さないため

天皇から賜ったタバコ
DSCF3674.jpg

戦友からの軍事郵便
DSCF3677.jpg

武運長久を祈る仙人針
DSCF3680.jpg

DSCF3679.jpg

DSCF3678.jpg

DSCF3681.jpg

三つ峠

三つ峠
DSCF3650.jpg

DSCF3649.jpg

DSCF3651.jpg

DSCF3652.jpg

DSCF3654.jpg
三つ峠の登山道にあるだるま石
DSCF3653.jpg

利用者の作品

はるか彼方
倉見の山裾
さわやかな風
春風ににて人に接しよと
御教えを教えて吹き渡る
広大な野辺の芹沢あり
いやしの里
いやしの里の主
笑顔が素晴らしい
和顔愛語楽しく活動
七夕祭りでひかり
楽しいいやしの里
其の名は
ひかり

DSCF3655.jpg
倉見山
DSCF3662.jpg

DSCF3716.jpg

DSCF3717.jpg

季節は夏

セミの季節
アブラゼミ
DSCF3627.jpg

ニイニイゼミ
DSCF3633.jpg

DSCF3632.jpg

新型

中央線の新型 ドアをボタンで開閉
DSCF3550.jpg

DSCF3549.jpg

DSCF3548.jpg

富士急行

山梨唯一の私鉄富士急行線 富士急の新型車両
DSCF3538.jpg

新型

新型 富士山特急 元小田急ロマンスカー
DSCF3535.jpg

DSCF3536.jpg

DSCF3537.jpg

甲府の夏 熱帯夜こそ少ないものの日中は燃えるような暑さになる甲府盆地
DSCF3300.jpg

お見舞い

豪雨で被害を受けた方々に心からお見舞い申し上げます
DSCF3289.jpg

夏の空

夏の太陽が照りつける甲府の夏
DSCF3288.jpg

甲府の夏 猛暑 真夏日
DSCF3287.jpg

猛暑

今年も甲府の夏は暑い
DSCF3286.jpg

甲府城 夏
DSCF3285.jpg

姫路城

姫路城の石垣
DSCF3446.jpg

DSCF3424.jpg

姫路城

姫路城の石垣と内堀
DSCF3447.jpg

DSCF3448.jpg

姫路城

姫路城の石垣
DSCF3420.jpg

DSCF3450.jpg

DSCF3451.jpg

姫路

姫路城西の丸
DSCF3429.jpg

DSCF3430.jpg

DSCF3435.jpg

夏の富士

富士仰ぎ
  ほっと一息 夏しぐれ
DSCF3712.jpg

川柳

富士を見て
  我の小ささ 思い知る
DSCF3712.jpg

姫路城天守

姫路城天守
DSCF3444.jpg

DSCF3445.jpg

DSCF3449.jpg

姫路

姫路城天守
DSCF3441.jpg

DSCF3442.jpg

DSCF3443.jpg

姫路城天守

姫路城 平成26年7月現在
DSCF3439.jpg

DSCF3440.jpg

姫路城

連立天守 天守を仰ぐ
DSCF3438.jpg

姫路城

平成の大修理 完成まであと少し
DSCF3436.jpg

DSCF3437.jpg

姫路

姫路城 三の丸より
DSCF3434.jpg

DSCF3433.jpg

屋根より高い

屋根より高ーい 
DSCF3432.jpg
フリーエリア
ランキング参加しています にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 お願いします
プロフィール

noboseri24

Author:noboseri24
城めぐりブロガー


拓殖大学外国語学部 卒業
佛教大学通信教育学部 終了
日本福祉教育専門学校 卒業
放送大学教養学部 考古学履修

博物館学芸員
社会福祉士 介護福祉士
介護支援専門員
調理師 
剣道初段 英検3級

日本城検定 初級
日本城郭検定 準1級
江戸文化歴史検定 3級
考古検定 中級

シルクロード検定 受験
紅茶検定 受験
お好み焼き検定 受験

成年後見制度 市民後見人

好きなチーム 巨人 ヴェルディ
ヤンキース

好きな選手 松井 カズ 高橋由伸

日本100名城スタンプラリー
平成22年4月18日  開始
平成27年11月24日 制覇
平成27年12月2日  認定
       第895番目  

趣味 日本100名城スタンプラリー
城めぐり 古墳めぐり 蝶の観察

読書 司馬遼太郎 吉川英治 山岡荘八

関連ブログ
 ぶどう農園の日記 (農園ブログ)
 預かり犬日記   (犬ブログ)
 小判鮫の独り言  (弟のブログ)

剣は心なり
  心正しからざる者
        剣また正しからず

小学生のころより歴史に興味を持ちはじめ現在に至っています。また実家はブドウ栽培で有名な山梨県勝沼町で周囲は自然に囲まれています。今まで撮影した画像の保存と集めた資料をまとめる目的でブログを始めました。城や前方後円墳などの歴史から自然のことブドウ栽培などの記事を思いつくまま更新しています。


国指定史跡 甲斐府中城 甲府城

武田家滅亡後、甲斐の国は、信長が支配する。その信長も3か月後に本能寺で自害。そして徳川家康が治めることになる。小田原攻めの後豊臣秀吉が甲斐を支配。その頃に築城されたのが、甲府城である。その当時は金箔瓦が燦然と輝く5層の大天守がそびえていた。そして江戸期になり今度は幕府直轄地となり、天守は破却されたが、天守の代用として御三櫓階が造られている。その後も交通の要衝を抑える要の城として将軍の弟が城主をめ、明治を迎える。


甲斐銚子塚古墳

甲斐銚子塚古墳は日本で53番目の全長169メートル、東日本では3番目の大きさである。その形は前方後円墳と呼ばれる日本独特の形である。後円部に竪穴式石室が設けられていて、当時この地方を支配していた国司が葬られている。



(姉妹ブログ)
小判鮫の独り言
http://cook77.blog.fc2.com/
働くお父さんの独り言!
自転車で走り畑や花の話題
猫に料理とその他

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブロとも一覧

小判鮫の独り言!

預かり犬日記 芹沢 昇の愛犬記録 

ぶどう農園の日記 芹沢農園だより

ももおにぎり

残された石垣を見つけたい

なんとなく50歳

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

美雨の部屋へようこそ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる