FC2ブログ

ブドウ農園より

今年も多くのお客さんにぶどう狩りを楽しんでいただき感謝申し上げます。
来年もより美味いブドウを食べていただけるよう日々精進努力を重ねたい
と思います。また2月の大雪の際には多くの皆さんにご心配をかけ、
暖かい支援をしてもらったことを重ねて感謝いたします。ありがとうございました。
その時もこの支援のお礼は必ず美味いブドウを提供すると約束しました。
今後も皆さんに喜んでいただけるよう頑張りますので期待していたください。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



約束

今年は大雪に始まり寒波で終わろうとしている。雪害の際は一時的に不便な
思いをしたが、今も仮設住宅で暮らし東北の人たちに比べればたいしたことは
ないのであろう・・・  雨ニモマケズ風ニモマケズ  
多くの皆さんに美味い勝沼のブドウを提供すると約束した以上、雪害に負けている
場合ではない。今後も一層の努力で皆さんに美味いブドウを提供すると約束し
今年最後の書き込みにする
f1.jpg

おごるな人間

地球の歴史50億年を1年として、人類の歴史を換算すると
人類が誕生したのは12月31日23時45分 つまり人類は
地球上に15分しか存在していないことになる。犬は縄文時代
より人間と一緒に生活を共にしてきている最も古いパートナー
であり、人間の歴史を一緒に生き抜いてきた動物である。
世界では今も争いをしている地域があるが、全世界が平和で
犬たちも共に安楽に暮らせる世の中が来るように祈念する。
IMG_0760.jpg

そろそろ

若者たちの間で暗号のやり取りが始まるであろう
アケオメコトヨロ・・・ ???
誰か暗号解読してくれ

仕事納め

1年の最後くらいは特急に乗ろうと思ったら臨時特急

さらに甲府駅ではこの車両

終わり良ければ全て良し

年の瀬

今年も様々なことがあった。 大雪に見舞われ 台風の災害があり 山が噴火したり
地震の恐怖に襲われたこともあった。 今も世界のどこかで戦争している地域もある。
せめて年末年始くらいは全ての人々が安穏におくれるようにささやかに思いつつ
年の瀬を過ごしたい。
DSCF3566.jpg

世界中

世界中の犬たちが幸せになれますようにとささやかに思いつつ年越しを迎えたい
IMG_0760.jpg

おもせ

この地方の言葉で大晦日のことを「おもせ」と言う今年もおしせまってきた。 
山梨は2月に大雪に見舞われ農家にも甚大な被害が生じ
再起不能とまで思われた。 雪害の直後多くの皆さんから暖かい支援を受け、このお礼は
懸命に復興し美味い山梨の果実をお届けすること そう確信していた。 そのお礼は
おおむね果たせたと自負している。 さらに来年はより一層の努力でさらに美味い
ブドウを提供しブドウ栽培日本一の名に恥じぬよう精進努力を約束したい。
IMG_4011.jpg

古き良きもの

頑張れ115系
fc2blog_20141230064733a83.jpg

偽物の模擬天守

甲府城天守の新築反対
siro.jpg
結局、模擬天守 偽物は100年経っても偽物 何故そのことがわからないの?

天守

甲府城天守の新築反対
siro.jpg
結局、模擬天守 偽物は100年経っても偽物 何故そのことがわからないの?

松山城二の丸

松山城は山頂に本丸 山麓に二の丸・三の丸がある
整備された二の丸
IMG_4296.jpg

IMG_4294.jpg

IMG_4295.jpg

IMG_4293.jpg

IMG_4292.jpg

松山

松山城の石垣 矢穴のある石 築城当初のものと思われる
IMG_4284.jpg

IMG_4285.jpg

IMG_4286.jpg

IMG_4288.jpg

松山

松山城の石垣
IMG_4276.jpg

暗渠が見える
IMG_4277.jpg

IMG_4279.jpg

IMG_4282.jpg

IMG_4283.jpg


クリスマスイブ

デンマーク領グリーンランドには公認サンタクロースがいる・・・
その公認サンタクロースになるには以下の条件をクリアしなければならない
 ①結婚している事
 ②子供がいる事
 ③これまで、サンタクロースとしての活動経験がある事 
 ④サンタクロースにふさわしい体型である事
   (衣装やその他の装備込みで、体重120kg以上)
誰もが大好きなサンタさん でも公認サンタになる道はとても厳しい

かつてローマ帝国時代 戦争に明け暮れ恋人にも会えない兵士たちを
哀れみ、ある牧師が「せめて1日だけでも兵士たちに恋人と会う時間を
作ってあげたい」と停戦を申し出て許可された・・・その牧師の名は
バレンタイン そうバレンタインデーの由来とされている

第2次世界大戦末期 オランダのアーンエムではドイツと連合軍の激戦が
繰り広げられ、多くの兵士や市民が犠牲になった。
犠牲者を弔いたいとアーンエム市民が停戦を申し出て1日だけ戦闘が
止み両軍兵士・市民を手厚く葬ったという逸話がある。

今も世界では戦争をしている地域がある。全世界が戦争のない平和な
世になるのはいつだろう・・・
せめてクリスマスや年末年始、バレンタインデーくらいは世界中の人々が
穏やかに過ごしてもらいたいとささやかな願いを込めてイブの夜をすごしたい

kutu.jpg


三日月

・・・君も見ているだろうこの消えそうな三日月・・・

mika.jpg

旧暦12月3日の月
mika 2

mika3.jpg

暮れ行く富士と三日月
fuji mika

最後の山スカ

115-1000最後の山スカ 勝沼駅
1151000.jpg

松山城の石垣

平山城である松山には登り石垣が見られる 
攻め入った敵が山を横に移動できないようにするための機能を持つとされる石垣
IMG_4278.jpg

IMG_4290.jpg

松山

松山城野原櫓 本丸搦め手を守る重要な櫓
現存する2重櫓は全国に延べ39棟あるが望楼型は野原櫓ただ1棟
しかも内側には櫓台が設けられていない古いタイプ 初期の松山城を
知る貴重な建物
IMG_4271.jpg

IMG_4272.jpg

乾櫓
野原櫓とともに搦め手を守る櫓
乾櫓

松山

松山城は連立天守であり、大天守・小天守・櫓などが廊下につながれている
放火で消失後、復元された天守群の櫓 手すりの付いた回廊が設けられていて
格式が高い。もともと小天守だった可能性もある
IMG_4274.jpg

IMG_4273.jpg

松山

放火で小天守も消失した苦い歴史もある松山城
IMG_4269.jpg
左側が消失後復元された小天守
IMG_4270.jpg
火災に耐えた貴重な痕跡
IMG_4267.jpg

松山

松山城の石垣 見事な勾配のまさに武者返しの石垣
IMG_4264.jpg

IMG_4280.jpg

IMG_4281.jpg

松山

いい城は何度も行きたくなる・・・
彦根城は毎年訪れているが毎回違う発見がある。
何度行っても感動するし、帰ってきてその場でまた行きたくなる。
松山城も同様で帰ってきたその場でまた行きたくなってたまらない・・・
次はいつ行けるのか、遠いだけにその懐かしさは格別である。
また何度も行くことになるであろう。
遠距離恋愛とはこういうものだろうか

IMG_4266.jpg

IMG_4265.jpg

松山

松山城 二の丸より天守群を眺める
IMG_4291.jpg

三の丸より二の丸と天守を眺める
IMG_4297.jpg


松山

初めて会う人なのになぜか旧友のように懐かしい人たちの案内で松山城を満喫
松山城は現存と復元の調和が実に見事な城。関西の姫路・四国の松山と言っても
いいほど素晴らしい城で、国宝の彦根城をもはるかに凌ぐスケール
現存12天守のうち最後に建てられた城 1852年完成の天守
IMG_4270.jpg

念願の松山へ

松山藩主だった久松松平候の洋館 萬翠荘 
IMG_4298.jpg

IMG_4299.jpg

歴史文化の香り高い城下町 松山

松山空港
IMG_4300.jpg

松山駅前
IMG_4261.jpg

沖縄

沖縄土産 邪悪なものを寄せ付けない シーサー
okinawa.jpg
琉球ガラス製

那覇空港の琉球ガラス
IMG_4258.jpg

まだ

現役最後の頑張り まだ211系には負けない 115-1000
115-1000.jpg

183系

183系グレードアップあずさ ついに復活 臨時特急に使われる予定
gu.jpg

松山

春や昔
  15万石の城下哉
                      子規

IMG_4261.jpg

念願

松山へ 松山空港のツリー
IMG_4300.jpg

好きなフレーズ

 私は城が好きである。あまり好きなせいか、
どの城址に行ってもむしろ自分はこんなものはきらいだ
といったような顔を心の中でしてしまうほどに好きである。
                                     司馬遼太郎

 私はこの言葉好きである。

IMG_3688.jpg

IMG_3689.jpg

今治

藤堂高虎の築いた今治城 今でも堀には鯛が泳ぐ海城
反りのなり独特な直線的石垣、一番下に犬走りを配している
IMG_4263.jpg
左は模擬天守
IMG_4262.jpg
今治の天守は天守台を設けず直接建てられた最初の創等型と言われ、高虎から幕府に献上され
丹波亀山に移され、明治まで残った

南の島

沖縄那覇空港の琉球ガラス 鮮やかな色合い
IMG_4258.jpg

上空より

上空から見た富士 真っ白に雪化粧 上から見ても世界遺産
IMG_4260.jpg

IMG_4259.jpg

金沢城

前田家の居城 100万石の城
金沢城の石垣
IMG_3671.jpg
雨水排水のための暗渠
IMG_3672.jpg

IMG_3673.jpg

金沢城

復元された菱櫓 五十間長屋の隅櫓
IMG_3675.jpg

IMG_3676.jpg

金沢城

復元された五十間長屋
IMG_3666.jpg

IMG_3668.jpg

IMG_3667.jpg

唐屋根のついた石落とし
IMG_3669.jpg


金沢

加賀100万石前田家の城
修理が終わった石川門
IMG_3664.jpg

IMG_3665.jpg

IMG_3670.jpg

羽田にて

羽田空港からの富士
IMG_4028.jpg

IMG_4030.jpg

IMG_4029.jpg

IMG_4032.jpg

IMG_4031.jpg

葉が3枚

甲府城のさんようの松 葉が3枚
IMG_3713.jpg

IMG_3714.jpg

IMG_3712.jpg

IMG_3711.jpg

ヤマナシ

甲府城稲荷曲輪にあるヤマナシの木 今年も実をつけた
IMG_3692.jpg

IMG_3691.jpg

キング・カズ

永遠の憧れ
kazu.jpg

寒波

寒波襲来 富士山頂は強風が吹いている模様
fujisan.jpg

文化財

みんなで大切にしよう
IMG_3858.jpg

IMG_3859.jpg

IMG_3882.jpg

冬の朝

遅い日の出 朝駆けで甲府城攻め 鍛冶曲輪から天守
IMG_3969.jpg

IMG_3970.jpg

朝日

朝日を受けて輝く甲府城鉄門
IMG_3982.jpg

IMG_3983.jpg

朝日を受けて

輝くモミジ 甲府城天守台東側
IMG_3981.jpg

石垣の修理

これから修理をする場所
IMG_3973.jpg

IMG_3978.jpg

IMG_3980.jpg

天守穴倉の石垣
IMG_3979.jpg

甲府城

石垣の修理が終了した場所
IMG_3972.jpg

IMG_3971.jpg
フリーエリア
プロフィール

noboseri24

Author:noboseri24
芹沢 昇(せりざわのぼる)

城めぐりブロガー

1962年12月17日生れ O型
博物館学芸員
社会福祉士 介護福祉士
介護支援専門員
調理師 
剣道初段 英検3級

成年後見制度 市民後見人

好きなチーム 巨人 ヴェルディ
         ヤンキース
好きな選手 松井 カズ 高橋由伸

日本城郭検定準1級

江戸文化歴史検定3級

日本100名城スタンプラリー
平成22年4月18日  開始
平成27年11月24日 制覇
平成27年12月2日  認定
       第895番目  

趣味 日本100名城スタンプラリー
城めぐり 古墳めぐり 蝶の観察
読書 司馬遼太郎 吉川英治 山岡荘八

関連ブログ
 ぶどう農園の日記  (農園ブログ)
 預かり犬日記       (犬ブログ)
 小判鮫の独り言    (弟のブログ)

剣は心なり
  心正しからざる者
        剣また正しからず

 小学生のころより歴史に興味を持ちはじめ現在に至っています。また実家はブドウ栽培で有名な山梨県勝沼町で、周囲は自然に囲まれています。今まで撮影した画像の保存と集めた資料をまとめる目的でブログを始めました。城や前方後円墳などの歴史から自然のことブドウ栽培などの記事を思いつくまま更新しています。


山梨県指定史跡 甲斐府中城

甲府城・・・

 武田家滅亡後、甲斐の国は、信長が支配する。その信長も3か月後に本能寺で自害。そして徳川家康が治めることになる。小田原攻めの後豊臣秀吉が甲斐を支配。その頃に築城されたのが、甲府城である。その当時は金箔瓦が燦然と輝く5層の大天守がそびえていた。そして江戸期になり今度は幕府直轄地となり、天守は破却されたが、天守の代用として御三櫓階が造られている。その後交通の要衝を抑える要の城として将軍の弟が城主をめ、明治を迎える。


甲斐銚子塚古墳

 甲斐銚子塚古墳は日本で53番目の全長169メートル、東日本では3番目の大きさである。その形は前方後円墳と呼ばれる日本独特の形である。後円部に竪穴式石室が設けられていて、当時この地方を支配していた国から派遣された国司が葬られている。



(姉妹ブログ)
小判鮫の独り言
http://cook77.blog.fc2.com/
働くお父さんの独り言!
自転車で走り畑や花の話題
猫に料理とその他

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも一覧

小判鮫の独り言!

預かり犬日記 芹沢 昇の愛犬記録 

ぶどう農園の日記 芹沢農園だより

ももおにぎり

残された石垣を見つけたい

なんとなく50歳

美雨の部屋へようこそ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる