FC2ブログ

忘れた頃に

忘れた頃に届いた
IMG_6251.jpg
プレミアムはつかなくなったがお陰で庶民も手に入れることができる
スポンサーサイト



西洋式

五稜郭
IMG_5850.jpg
天端に武者返しがつく
IMG_5851.jpg

IMG_5853.jpg
暗渠が見える
IMG_5854.jpg

IMG_5855.jpg
低いが堅固に積まれた石垣
IMG_5867.jpg

IMG_5868.jpg

IMG_5869.jpg
五稜郭の水堀
IMG_5852.jpg
IMG_5871.jpg

IMG_5872.jpg

なんとなく川柳

行く秋や
  色さまざまにブドウの葉
IMG_6019.jpg

IMG_6020.jpg

IMG_6021.jpg

IMG_6022.jpg

IMG_6023.jpg

五稜郭

幕末に日本で本格的に作れらた西洋式城郭
IMG_5848.jpg
5角形の星型に1か所だけ三角がつく
IMG_5849.jpg

IMG_5847.jpg

IMG_5846.jpg
馬出しと呼ばれる場所
IMG_5843.jpg
敵の目を隠して攻撃する
IMG_5842.jpg

松前

和式城郭として最後に建てられた松前の城
IMG_5828.jpg
松前城の内堀
IMG_5833.jpg

IMG_5834.jpg
旧松前城本丸御殿の玄関
IMG_5820.jpg
近年まで小学校の門として使われてきた 廃校後城内に戻された
IMG_5825.jpg

函館戦争の前哨戦の舞台になった場所

イベント

11月23日 天気予報は雨・・・ 降水確率も高い・・・不安材料満載の中で
山梨県埋蔵文化財センター主催の甲府城で「ひらけ玉手箱 リターンズ」が開催された
IMG_6214.jpg
晴れ間は広がらなかったものの懸念された雨は降らず盛況に行われた
IMG_6213.jpg
11月23日は晴れる確率が高い「特異日」
IMG_6212.jpg
今年も11月23日は雨は降らなかった
78dfffb7ba95bcd031d1aad658f3c4c4.jpg
5e253a2a4bd83e7ec154da397d1ce1b8.jpg

bff9f167501e93f26983d52e337b43e9.jpg

松前

松前城 復元天守
IMG_5826.jpg
昭和24年城内にあった木造の松前町役場から出火、天守にも類焼
IMG_5829.jpg

IMG_5830.jpg

IMG_5831.jpg

IMG_5831.jpg
その後外観を復元
IMG_5832.jpg

松前

和式城郭最後に建てられた松前城
IMG_5818.jpg

IMG_5823.jpg

IMG_5819.jpg

昭和24年まで現存した天守

大詰め

日本100名城 いよいよ大詰め
IMG_5817.jpg
現存する門
IMG_5824.jpg
函館戦争の前哨戦の舞台
IMG_5827.jpg
本丸側(内側)
IMG_5821.jpg

IMG_5822.jpg
和式で建てられた最後の城 松前城

天下の江戸城

現存する江戸城富士見櫓
IMG_3035.jpg
江戸城の代用天守

甲府城

江戸を西の敵から守る要の城
IMG_6062.jpg

IMG_6061.jpg

本物の輝き

国宝松本城天守

堀にもその雄姿が映る

甲府城もほぼ同じ時期、同じ目的で建てられた
IMG_6063.jpg

IMG_6064.jpg

紅く

石垣を紅く染めて
IMG_6076.jpg

IMG_6077.jpg

花の後

葉を赤く染め、そして休眠す
IMG_6078.jpg

IMG_6079.jpg

IMG_6080.jpg

IMG_6081.jpg

秋から冬へ

秋から冬へ衣替え
IMG_6054.jpg

IMG_6055.jpg

IMG_6058.jpg

IMG_6059.jpg

IMG_6060.jpg

虹がかかった甲府盆地

甲府盆地の北側
IMG_6088.jpg
甲府城天守台より
IMG_6087.jpg
甲府城のモミジ
IMG_6085.jpg

IMG_6086.jpg

雨上がり

雨が上がった甲府城
IMG_6090.jpg
北の空 虹がかかる
IMG_6090.jpg

IMG_6091.jpg

IMG_6092.jpg

本丸を守る堅固な鉄門
IMG_6052.jpg

雨に煙る

雨に煙る甲府城天守台
IMG_6053.jpg

紅く

ケヤキと桜の共演
IMG_6057.jpg

鮮やかに

ケヤキの紅葉
IMG_6056.jpg

巨木

石垣と共存する巨木
IMG_6051.jpg

赤く

石垣を赤く染めて
IMG_6050.jpg

秋雨

雨に煙る秋の甲府城
IMG_6049.jpg

秋の桜

桜の紅葉
IMG_6048.jpg

染まる

秋色に染まる、甲府城
IMG_6046.jpg

立冬

初冬の甲府城

甲府城

甲府城天守台

鮮やかに

色鮮やかに

桜の葉

白壁と赤い葉と
IMG_6043.jpg

紅葉

甲府城の紅葉 桜の葉が赤く白壁に映える
IMG_6042.jpg

伊勢亀山

東海道の要衝に位置する亀山城

富山

富山城に唯一現存する門
IMG_3026.jpg
後ろは公害病からの復興のシンボル 模擬櫓

岩村城

岩村城の石垣 代表的な山城

福井県庁

IMG_3007.jpg
将軍家につながる松平家の居城 素晴らしい石垣が残るものの
残念ながら現在は県庁になっている。

七尾城

能登半島を抑える山城

政宗の野望

政宗が天下への野望を閉じ込めた仙台城
IMG_3005.jpg

大野城

古代、朝鮮防衛のために北九州に築かれた倭国の城
IMG_3001.jpg

小谷

浅井3姉妹の城
IMG_2999.jpg

兵糧攻め

秀吉の兵糧攻めで落城 鳥取城

秀吉の夢

大陸出兵の前線基地 名護屋城

夢のまた夢

山頂の城

山頂に石垣が残る米子城

往時は天守も存在した

天守台より

秋の富士
IMG_5993.jpg

天守台

鍛冶曲輪より天守台
IMG_5989.jpg

天守台より

稲荷曲輪
IMG_5992.jpg

甲府城の秋
IMG_5994.jpg
天守台より鍛冶曲輪

秋の甲府城

甲府城、秋
IMG_5990.jpg
稲荷曲輪

携帯から

そそり立つ石垣

伊賀上野城 一国一城令で未完のまま廃城
天守は完成直前に暴風雨で倒壊。その後は造られず

携帯から

高取城

携帯から

高取城
フリーエリア
プロフィール

noboseri24

Author:noboseri24
芹沢 昇(せりざわのぼる)

城めぐりブロガー

1962年12月17日生れ O型
博物館学芸員
社会福祉士 介護福祉士
介護支援専門員
調理師 
剣道初段 英検3級

成年後見制度 市民後見人

好きなチーム 巨人 ヴェルディ
         ヤンキース
好きな選手 松井 カズ 高橋由伸

日本城郭検定準1級

江戸文化歴史検定3級

日本100名城スタンプラリー
平成22年4月18日  開始
平成27年11月24日 制覇
平成27年12月2日  認定
       第895番目  

趣味 日本100名城スタンプラリー
城めぐり 古墳めぐり 蝶の観察
読書 司馬遼太郎 吉川英治 山岡荘八

関連ブログ
 ぶどう農園の日記  (農園ブログ)
 預かり犬日記       (犬ブログ)
 小判鮫の独り言    (弟のブログ)

剣は心なり
  心正しからざる者
        剣また正しからず

 小学生のころより歴史に興味を持ちはじめ現在に至っています。また実家はブドウ栽培で有名な山梨県勝沼町で、周囲は自然に囲まれています。今まで撮影した画像の保存と集めた資料をまとめる目的でブログを始めました。城や前方後円墳などの歴史から自然のことブドウ栽培などの記事を思いつくまま更新しています。


山梨県指定史跡 甲斐府中城

甲府城・・・

 武田家滅亡後、甲斐の国は、信長が支配する。その信長も3か月後に本能寺で自害。そして徳川家康が治めることになる。小田原攻めの後豊臣秀吉が甲斐を支配。その頃に築城されたのが、甲府城である。その当時は金箔瓦が燦然と輝く5層の大天守がそびえていた。そして江戸期になり今度は幕府直轄地となり、天守は破却されたが、天守の代用として御三櫓階が造られている。その後交通の要衝を抑える要の城として将軍の弟が城主をめ、明治を迎える。


甲斐銚子塚古墳

 甲斐銚子塚古墳は日本で53番目の全長169メートル、東日本では3番目の大きさである。その形は前方後円墳と呼ばれる日本独特の形である。後円部に竪穴式石室が設けられていて、当時この地方を支配していた国から派遣された国司が葬られている。



(姉妹ブログ)
小判鮫の独り言
http://cook77.blog.fc2.com/
働くお父さんの独り言!
自転車で走り畑や花の話題
猫に料理とその他

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
ブロとも一覧

小判鮫の独り言!

預かり犬日記 芹沢 昇の愛犬記録 

ぶどう農園の日記 芹沢農園だより

ももおにぎり

残された石垣を見つけたい

なんとなく50歳

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

美雨の部屋へようこそ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる