FC2ブログ

足軽日誌の筆者

筆者近影
IMG_0719_convert_20160729092902.jpg
スポンサーサイト



ボランティアガイド

ガイド中の筆者
26cea71835defefdd804aaa07705b962.jpg

活躍中

甲府城ボランティアガイド 活躍中
26cea71835defefdd804aaa07705b962.jpg

歴史を刻む

富岡製糸場の庭にある常夜灯
IMG_7852.jpg
天保の年号が見える 江戸時代の終わりごろのもの
IMG_7851.jpg
西暦1840年

現在でも

富岡製糸場を近年まで管理していたカタクラ社
IMG_7838.jpg
社訓 今でも通じる立派なもの
IMG_7861.jpg
常にこうでありたい

近代化

欧米に追い付け 追い越せ
IMG_7832.jpg
急激な近代化
IMG_7833.jpg
機械文明の発達
IMG_7834.jpg

IMG_7836.jpg

IMG_7837.jpg

日本の技

日本の優れた技術を海外に
IMG_7830.jpg
世界遺産
IMG_7831.jpg

文明開化

近代化して列強へ追いつけ追い越せ
IMG_7828.jpg
明治5年に開業した富岡製紙場
IMG_7829.jpg

六本木

都心の真ん中にある六本木ヒルズ
IMG_7931.jpg
そこは若者の街
IMG_7933.jpg
そして都会のオアシス
IMG_7923.jpg
ビルの膝元にはこんな古刹もある
IMG_7934.jpg

ブドウ収穫

例年より1週間ほど早くブドウの収穫始まる
IMG_7951.jpg
市場へ出荷するデラウエア
IMG_7952.jpg

ルノアールと毛利庭園

新国立美術館の企画展「ルノーアール展」
IMG_7935.jpg

そして六本木ヒルズ
IMG_7933.jpg

かつてこの場には毛利家の屋敷があった
IMG_7918.jpg
今でもかつての面影が残る
IMG_7919.jpg

IMG_7921.jpg

IMG_7922.jpg

IMG_7923.jpg

IMG_7924.jpg

六本木

六本木の新名所 六本木ヒルズ
IMG_7931.jpg

その片隅にひっそえりとかつての大名屋敷
IMG_7916.jpg
毛利庭園
IMG_7917.jpg
六本木ヒルズはかつての大名屋敷跡に建っている

新国立美術館

六本木の新国立美術館
IMG_7905.jpg
建物も芸術的
IMG_7906.jpg
そして今回は
IMG_7915.jpg
ルノアール
IMG_7903.jpg
やわらかい筆使いの画家

ルノアール

印象派の代表画家ルノアール
IMG_7915.jpg
リウマチで手が変形してまで描き続けた
IMG_7913.jpg
情熱の画家
IMG_7912.jpg
豊かな女性を描いた作品が多い
IMG_7911.jpg
j女性を愛情に満ちた」目で描いた画家

ルノアール

印象派の巨匠
IMG_7903.jpg
名画の数々
IMG_7904.jpg
晩年はリウマチを患う
IMG_7911.jpg
右手が効かなくなると手に筆を縛り、描き続けた
IMG_7912.jpg

ごちそうさま

伝統の味
IMG_7940.jpg
下町 深川の味
IMG_7939.jpg
30年変わらぬ人気
o0405072012829255275.jpg
おかみさんの笑顔もメニューにあり
IMG_7683.jpg

自由研究

自由研究のため
IMG_7614.jpg
勉強に来る生徒も多い
IMG_7603.jpg
熱中症には十分注意

夏休み

待ち遠しい夏休み
IMG_7615.jpg
夏休みには工事終了予定

EF64

かつて客車や貨物の輸送車をけん引した花形機関車
IMG_7879.jpg
引退して鉄道公園で展示されている

はまかいじ

横浜から甲斐路へ
IMG_7899.jpg
特急はまかいじ
IMG_7900.jpg
そして信州へ
IMG_7901.jpg

安全に

安全に
IMG_7613.jpg
楽しく
IMG_7597.jpg
見学できるように
IMG_7598.jpg

公園

城址公園
IMG_7594.jpg
みんなが使いやすく

笠間

旧笠間城八幡台櫓
IMG_7251.jpg
城にあった当時と変わらず、そのまま移築された
IMG_7252.jpg

寺の一部として

笠間城の櫓から寺として
IMG_7248.jpg
時代が変わり、場所を変え 将来へ

八幡台櫓

笠間城八幡台櫓
IMG_7246.jpg
笠間城下の寺に移築され、物見櫓として市民に親しまれている
IMG_7247.jpg

笠間城

笠間稲荷の近くにある笠間城
IMG_7244.jpg
本来、山城だったが櫓が1棟城下の寺に移築された
IMG_7245.jpg
移築された櫓は現存し、寺の観音堂になっている

梅雨明け間近

梅雨の晴れ間
IMG_7592.jpg
木々は青々と

梅雨の晴れ間

梅雨明け間近
IMG_7591.jpg
豪雨で被害を受けた地域の皆様にお見舞い申し上げます

涌谷城下

涌谷の城下 江戸時代の屋敷門が残る
IMG_3493_convert_20160713091501.jpg

左手後方に涌谷城
IMG_3494_convert_20160713091916.jpg

伊達家

ここ涌谷城は伊達家の親族が治めた城
IMG_3491_convert_20160713091220.jpg
現存する太鼓櫓 
IMG_3490_convert_20160712125958.jpg
その屋根には鯱が 親族の城として家格を上げている

涌谷城

伊達家の親族が治めた城
IMG_3489_convert_20160712125937.jpg
宮城県唯一の現存建物 太鼓堂
IMG_3490_convert_20160712125958.jpg

涌谷

涌谷城
IMG_3488_convert_20160712125457.jpg
仙台藩伊達家の親族の城
iwakuyae_convert_20160712125530.jpeg

あと少し

あと少し頑張って
IMG_7590.jpg
一番上を目指して

木陰で

城跡の木陰から
IMG_7588.jpg
富士を眺める

上空から

レインボウブリッジに設置されている歩道より
IMG_7681.jpg
公園として整備されている第3台場
IMG_7682.jpg
後ろに見えるのはお台場海浜公園

野鳥の楽園

第6台場は現在立ち入り禁止区域
IMG_7679.jpg
野鳥の楽園になっている
IMG_7680.jpg

お台場

品川沖に8基造られたお台場
IMG_7672.jpg
残されているのは第3と第6のみ
IMG_7673.jpg

第3から

公開されている第3台場から第6台場
IMG_7662.jpg
第6台場は非公開 野鳥の楽園になっている
IMG_7663.jpg

海上

上空より レインボーブリッジの上から
IMG_7676.jpg
海上に浮かぶ要塞のように見える
IMG_7677.jpg
大砲を据えるために造られた

歴史の重み

歴史を感じる
IMG_7674.jpg
第3台場の石碑
IMG_7675.jpg

お台場

第3台場に残る船の搬入路
IMG_7670.jpg
奥に見えるのはレインボーブリッジ
IMG_7671.jpg

お台場

幕府が造った台場を特にお台場と呼ぶ
IMG_7666.jpg
第3台場に残る石垣の痕跡
IMG_7667.jpg

第3台場

第3台場は公園として公開
IMG_7661.jpg

IMG_7664.jpg

IMG_7665.jpg

IMG_7668.jpg
当時の石垣が残る
IMG_7669.jpg

お台場

幕末に外国の艦船が日本近郊に近づいてきた
IMG_7658.jpg
幕府は諸大名に艦船を追い払うための処置として大砲を乗せるための台を造らせた
IMG_7659.jpg
幕府が造った大砲を置く台は敬称を付けてお台場と呼んだ
IMG_7660.jpg
第3台場は公園として公開されている

懸命に

羽化したばかりのアブラゼミ
IMG_7726.jpg
脱皮した直後は白い体 やがて全体に色を帯びる
IMG_7717.jpg
短い命、懸命に生き抜け

第4回

ダブル合格 準1級合格
11234864_697107587060059_6536085598816523393_n.jpg
されど1級への道、遠し

第4回

4級満点で合格
10561822_697107583726726_3293084867140492200_n.jpg

第2回

2級合格
10462881_697107590393392_6758772060525641899_n.jpg

第1回

3級合格
11539634_697107243726760_241451868007712825_n.jpg

工事中

甲府城天守台 立ち入り禁止
IMG_7704.jpg
貴重な文化財
IMG_7699.jpg
永く後世に伝えたい
IMG_7700.jpg
フリーエリア
プロフィール

noboseri24

Author:noboseri24
芹沢 昇(せりざわのぼる)

城めぐりブロガー

1962年12月17日生れ O型
博物館学芸員
社会福祉士 介護福祉士
介護支援専門員
調理師 
剣道初段 英検3級

成年後見制度 市民後見人

好きなチーム 巨人 ヴェルディ
         ヤンキース
好きな選手 松井 カズ 高橋由伸

日本城郭検定準1級

江戸文化歴史検定3級

日本100名城スタンプラリー
平成22年4月18日  開始
平成27年11月24日 制覇
平成27年12月2日  認定
       第895番目  

趣味 日本100名城スタンプラリー
城めぐり 古墳めぐり 蝶の観察
読書 司馬遼太郎 吉川英治 山岡荘八

関連ブログ
 ぶどう農園の日記  (農園ブログ)
 預かり犬日記       (犬ブログ)
 小判鮫の独り言    (弟のブログ)

剣は心なり
  心正しからざる者
        剣また正しからず

 小学生のころより歴史に興味を持ちはじめ現在に至っています。また実家はブドウ栽培で有名な山梨県勝沼町で、周囲は自然に囲まれています。今まで撮影した画像の保存と集めた資料をまとめる目的でブログを始めました。城や前方後円墳などの歴史から自然のことブドウ栽培などの記事を思いつくまま更新しています。


山梨県指定史跡 甲斐府中城

甲府城・・・

 武田家滅亡後、甲斐の国は、信長が支配する。その信長も3か月後に本能寺で自害。そして徳川家康が治めることになる。小田原攻めの後豊臣秀吉が甲斐を支配。その頃に築城されたのが、甲府城である。その当時は金箔瓦が燦然と輝く5層の大天守がそびえていた。そして江戸期になり今度は幕府直轄地となり、天守は破却されたが、天守の代用として御三櫓階が造られている。その後交通の要衝を抑える要の城として将軍の弟が城主をめ、明治を迎える。


甲斐銚子塚古墳

 甲斐銚子塚古墳は日本で53番目の全長169メートル、東日本では3番目の大きさである。その形は前方後円墳と呼ばれる日本独特の形である。後円部に竪穴式石室が設けられていて、当時この地方を支配していた国から派遣された国司が葬られている。



(姉妹ブログ)
小判鮫の独り言
http://cook77.blog.fc2.com/
働くお父さんの独り言!
自転車で走り畑や花の話題
猫に料理とその他

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブロとも一覧

小判鮫の独り言!

預かり犬日記 芹沢 昇の愛犬記録 

ぶどう農園の日記 芹沢農園だより

ももおにぎり

残された石垣を見つけたい

なんとなく50歳

美雨の部屋へようこそ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる