FC2ブログ

梅雨入り前

梅雨入り前の貴重な青空
IMG_a1586.jpg
スポンサーサイト



新緑に包まれる

新緑の数寄屋櫓跡
IMG_a1585.jpg

薫風さわやか

5月の空と天守台
IMG_a1584.jpg

鈍角に開いた

隅角が鈍角に開いた石垣
IMG_a1583.jpg

低い石垣

低いが垂直に立ち上がる石垣
IMG_a1582.jpg

階段の上から

数寄屋曲輪から鍛冶曲輪を見る
IMG_a1581.jpg

右側

築城当初の石垣
IMG_a1580.jpg

石垣のつなぎ目

右の石垣が先に積まれたことがわかる
IMG_a1579.jpg

稲荷曲輪

この上に多聞櫓が置かれていた
IMG_a1578.jpg

稲荷曲輪

城内に稲荷社があったため、その名がついた
IMG_a1577.jpg

本丸櫓跡

北側より本丸櫓跡を見る
IMG_a1576.jpg

本丸櫓

築城当初3重のやぐらがあった 明治まで2重の櫓が現存した
IMG_a1575.jpg

天守台

甲府城天守台 北東より
IMG_a1574.jpg

道端で

ゴマダラチョウ
IMG_1412_convert_20200523072515.jpg

天守台

甲府城天守台 東より
IMG_a1573.jpg

天守台

甲府城天守台 東南より
IMG_a1572.jpg

薫風さわやか

梅雨入り前の空
IMG_a1571.jpg

石垣の勾配

上に行くにつれて徐々に角度がつく
IMG_a1570.jpg

本丸の石垣

天守曲輪より見上げる
IMG_a1569.jpg

鉄門

本丸を守る最後の門
IMG_a1568.jpg

布積み崩し

横に目地が通るが連続しない積み方
IMG_z1347.jpg

新緑

葉が茂る桜の木
IMG_a1567.jpg

文禄期

築城当初の石垣
IMG_a1566.jpg

桝形

城内に侵入する場合まっすぐに進めない
IMG_a1565.jpg

巨石

きれいに割れた巨石
IMG_z1343.jpg

緑色濃き

木陰を作る大木
IMG_a1563.jpg

日本庭園

城内の庭園 つつじが満開
IMG_a1562.jpg

木陰

木陰は涼しい5月の城跡
IMG_a1561.jpg

強い日差し

夏の太陽が照らす
IMG_a1560.jpg

風薫る

5月の風に誘われて
IMG_a1559.jpg

内堀

わずかに残る内堀の一部
IMG_a1557.jpg

ほとんど手つかず

築城期の石垣
IMG_a1556.jpg

階段

有事の際、武者が使う
IMG_z1342.jpg

塀の内側

有事の際は武者が集まる
IMG_z1341.jpg

安政大地震

幕末の安政大地震で崩れた石垣
IMG_z1340.jpg

布積

石の目が横に通る布積
IMG_z1339.jpg

隅部

バラバラな積み方
IMG_z1338.jpg

もう少し

今月の20選からは漏れたが、自分としてはこちらのほうが秀作

 役目終え静かに眠るぶどうの樹
         我が家の歴史すべて知りおり
image-07-05-20-02-54.jpeg

今月の20選

今月の20選として歌会の冊子で紹介された

 まがりなりにも葡萄農家の3代目
            その荷の重さ誰か知るべし
image-07-05-20-02-54-1.jpeg

算木積

算木積にならない積み方
IMG_z1337.jpg

石垣の傾斜

場所によって傾斜の角度が異なる
IMG_z1336.jpg

布積崩し

石の線が横に通るが長く続かない
IMG_z1335.jpg

石垣の角度

緩い傾斜角
IMG_z1334.jpg

石垣の傾斜

石垣の一番下は直線 一番上は曲線
IMG_z1332.jpg

さわやかな5月の風

人はほとんどいない
IMG_as1517.jpg

人がまばらであるが

新緑の天守台
IMG_as1516.jpg

橋の碑

歴史を感じる橋の碑 大正15年
image-03-05-20-04-02-2.jpeg

XUZMaaa0986.jpeg


現在の貢川橋
image-03-05-20-04-02-1.jpeg

image-03-05-20-04-02.jpeg

青い空

さわやかな風
IMG_n0945.jpg

稲荷曲輪門

埋門にもなる 有事の際は石を置いて通れなくする
IMG_as1514.jpg

遠くに富士を

新緑の季節 富士も見える
IMG_as1513.jpg
フリーエリア
ランキング参加しています にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 お願いします
プロフィール

noboseri24

Author:noboseri24
城めぐりブロガー


拓殖大学外国語学部 卒業
佛教大学通信教育学部 終了
日本福祉教育専門学校 卒業
放送大学教養学部 考古学履修

博物館学芸員
社会福祉士 介護福祉士
介護支援専門員
調理師 
剣道初段 英検3級

日本城検定 初級
日本城郭検定 準1級
江戸文化歴史検定 3級
考古検定 中級

シルクロード検定 受験
紅茶検定 受験
お好み焼き検定 受験

成年後見制度 市民後見人

好きなチーム 巨人 ヴェルディ
ヤンキース

好きな選手 松井 カズ 高橋由伸

日本100名城スタンプラリー
平成22年4月18日  開始
平成27年11月24日 制覇
平成27年12月2日  認定
       第895番目  

趣味 日本100名城スタンプラリー
城めぐり 古墳めぐり 蝶の観察

読書 司馬遼太郎 吉川英治 山岡荘八

関連ブログ
 ぶどう農園の日記 (農園ブログ)
 預かり犬日記   (犬ブログ)
 小判鮫の独り言  (弟のブログ)

剣は心なり
  心正しからざる者
        剣また正しからず

小学生のころより歴史に興味を持ちはじめ現在に至っています。また実家はブドウ栽培で有名な山梨県勝沼町で周囲は自然に囲まれています。今まで撮影した画像の保存と集めた資料をまとめる目的でブログを始めました。城や前方後円墳などの歴史から自然のことブドウ栽培などの記事を思いつくまま更新しています。


国指定史跡 甲斐府中城 甲府城

武田家滅亡後、甲斐の国は、信長が支配する。その信長も3か月後に本能寺で自害。そして徳川家康が治めることになる。小田原攻めの後豊臣秀吉が甲斐を支配。その頃に築城されたのが、甲府城である。その当時は金箔瓦が燦然と輝く5層の大天守がそびえていた。そして江戸期になり今度は幕府直轄地となり、天守は破却されたが、天守の代用として御三櫓階が造られている。その後も交通の要衝を抑える要の城として将軍の弟が城主をめ、明治を迎える。


甲斐銚子塚古墳

甲斐銚子塚古墳は日本で53番目の全長169メートル、東日本では3番目の大きさである。その形は前方後円墳と呼ばれる日本独特の形である。後円部に竪穴式石室が設けられていて、当時この地方を支配していた国司が葬られている。



(姉妹ブログ)
小判鮫の独り言
http://cook77.blog.fc2.com/
働くお父さんの独り言!
自転車で走り畑や花の話題
猫に料理とその他

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブロとも一覧

小判鮫の独り言!

預かり犬日記 芹沢 昇の愛犬記録 

ぶどう農園の日記 芹沢農園だより

ももおにぎり

残された石垣を見つけたい

なんとなく50歳

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

美雨の部屋へようこそ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる